2018年06月14日

桜井市茶臼山古墳の被葬者

桜井市茶臼山古墳から出土した玉丈を大王の持ち物として、この古墳を大王墓とする説がある。
だが私は大王墓ではないと考える。大和朝廷を支えた有力豪族の墓と考える。それではその被葬者は誰かである。

桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳は物部氏の古墳であろう。
物部氏とこの二つの古墳を結びつける理由は次の四つである。
一つは、『先代旧事本紀』物部氏系譜によれば、この一族は歴代の天皇に仕え、その要職にあったとする。これだけの巨大古墳を造ることが出来たのは、先に挙げた、倭国造(やまとのくにのみやつこ)の倭氏と物部氏以外見当たらない。
二つ目は、物部氏は強力な軍団でもある。桜井茶臼山、メスリ山古墳から出土した大量の武器類は、被葬者が軍団の長であったことを物語る。物部氏という氏族の性格と一致する。
三つめは、崇神の磯城瑞籬宮(しきのみずかきのみや)は、三輪山の麓、金屋とされる場所である。崇神は物部氏が擁立した天皇である。母親は伊香色謎という物部氏の女性で、弟の伊香色雄(いかがしこお)は、開化時代の大臣で、崇神の時代にも要職にある。
物部氏の居留地は元は大阪平野の東の端、現在の東大阪市から奈良県の生駒市あたりである。だがこの時代になれば宮の近くに居住していたと思われる。むしろ擁立した天皇の宮を自分たちの居住地の近くに造営したであろう。桜井茶臼山、やメスリ山古墳のある桜井市磐余(いわれ)は崇神の磯城瑞籬宮に近い。
四つめは、桜井茶臼山古墳の被葬者を饒速日命(にぎはやひのみこと)とする伝承がある。饒速日命は物部氏の祖とされる人物である。もちろん桜井茶臼山の築造は、三世紀末頃で饒速日命の時代とは一致しない。だが桜井茶臼山古墳の被葬者を、物部氏の祖とされる饒速日命とする伝承に、この古墳が物部氏と関わる古墳であることを暗示する。

私は桜井茶臼山古墳の被葬者は伊香色雄(いかがしこお)と考える。伊香色雄は九代開化の大臣(おおみ)、十代崇神の大連(おおむらじ)である。大連は五大夫より上位の官位で最高の位である。崇神の時代には「物分かつ人」という経済的な裁量権を持っている。また物部氏は強力な軍事集団でもある。桜井茶臼山古墳に大量の武器類が副葬されていたことも理解できる。
写真は桜井茶臼山古墳の墳頂部
42-tyausuyamakofunn.JPG
メスリ山古墳も、やはり物部氏の墓であろう。その被葬者は確定できないが、築造の時期が、崇神陵とされる行燈山古墳よりも早いとすれば、伊香色雄の兄弟あたりが考えられる。

西殿塚古墳と桜井茶臼山古墳とはほぼ同じ規模の古墳である。倭氏と物部氏という大和朝廷の二大勢力が競って箸墓に次ぐ巨大古墳を築造したことになる。
posted by 曲学の徒 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 前方後円墳の成り立ち

西殿塚古墳の被葬者

先に私は西殿塚古墳、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳を大王の墓ではないとした。
zennkikofunn-6.gif
大和朝廷の臣下の墓とする。それでは西殿塚古墳は誰の墓か。
西殿塚古墳が立地する場所は倭氏の墓域である。西殿塚古墳を最大としてこの近辺に百メートルを超える、東殿塚古墳(全長一七五m)、中山大塚古墳(全長約一三〇m)下池山古墳(全長約一三〇m)馬口山古墳(全長約一一〇m)など、古墳時代前期の前方後円墳が造られる。大和古墳群(おおやまとこふんぐん)と称される古墳群である。
5-ooyamato.gif
比較的狭い範囲に存在するから、これらは同族の古墳であろう。この地域でこれだけの巨大古墳を造る事ができるのは倭氏をおいて他にない。倭氏は倭国造(やまとのくにのみやつこ)という大和朝廷のお膝元、を支配した氏族で大和朝廷を支える豪族の一つである。西殿塚古墳は倭氏の誰かの墓として間違いない。現在宮内庁は、西殿塚古墳を継体天皇(けいたいてんのう)の皇后、手白河皇女(たしらかわこうじょ)とする。だが手白河皇女は六世紀前半頃の人で、西殿塚古墳の築造年代とはかけ離れる。手白河皇女の墓ではない。

西殿塚古墳の被葬者として、該当するのは崇神時代の人とされる市磯長尾市(いちしながおち)である。
市磯長尾市は崇神時代、倭大国魂神(やまとのおおくにたまかみ)を祭ったとされる人物である。現在倭大国魂神を主祭神とする神社がある。天理市の大和神社(おおやまとじんじゃ)である。大和神社は倭氏によって祭られてきた神社で、西殿塚古墳はこの大和神社の東一km強の所に存在する。
古墳の被葬者を確定することは難しいが、市磯長尾市は、『日本書紀』にも登場する崇神時代の高官である。活躍した年代と古墳の築造年代から西殿塚古墳古墳の被葬者を市磯長尾市とする。
posted by 曲学の徒 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 前方後円墳の成り立ち

2018年05月29日

謎が一つ解けた

私にはこれまで腑に落ちない事があった。
十代崇神は『日本書紀』が、御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称する、特別な天皇である。にもかかわらず崇神陵とされる行燈山古墳(あんどんやまこふん)は、箸墓古墳(はしはかこふん)や、メスリ山古墳より全長は小さいのである。行燈山古墳が本当に崇神陵なら、なんとも腑に落ちない事実である。

天理市から桜井市にかけて、古墳時代初期の全長200mを越える巨大古墳が立ち並ぶ。北から西殿塚古墳(にしとのつかこふん)、行燈山古墳、渋谷向山古墳(しぶたにむこうやまこふん)、箸墓古墳、そしてやや離れて桜井茶臼山古墳(さくらいちゃうすやまこふん)、メスリ山古墳である。
これらの古墳を図に描いてみて、その疑問が解けた。
前方後円墳は特異な形をする。しかし墓としての主要部分は、後円部である。後円部の大きさが重要であった。
崇神陵は、全長において箸墓古墳やメスリ山古墳よりも短いが、後円部の大きさはこれらより大きいのである。
zennkikofunn-6.gif

後円部の大きさは、箸墓の直径150m→崇神陵の158m→景行陵の168mと新しくなるに従って徐々に大きくなる。また先行すると推測される、メスリ山古墳より確実に大きいのである。

更に興味深いことは、後円部の大きさは、西殿塚古墳、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳より確実に大きいのである。
桜井茶臼山古墳とメスリ山古墳は、発掘調査が行なわれた、数少ない大型前方後円墳である。そこからは大量の副葬品が出土した。副葬品の多さ、豪華さからこれを大王墓とする説がある。だが私は、この二つは大王墓ではないと考える。なぜなら、『日本書紀』には、これらの古墳に該当する天皇が見当たらないからである。
私は、西殿塚古墳、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳を、大和朝廷の臣下の墓と考える。これらの後円部の大きさは、同時代の天皇陵を越えることはない。このことは、大王墓ではなく、臣下の墓とする私の推測を裏付ける。
前方後円墳の大きさを考える場合、その全長を問題にしてきた、私の考え方が間違っていたのである。重要なのは中核部である後円部の大きさであった。
posted by 曲学の徒 at 17:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 前方後円墳の成り立ち

2018年04月06日

欠史八代天皇の実在証明

今日の日本古代史論者の多くは、欠史八代の天皇は実在しなかったとする。
だが私は、間違いなく実在したと考える。
そのことによって大和朝廷の始まりが、いつ頃かという考え方の相違となっている。そこで欠史八代天皇の実在を論証する。

『先代旧事本紀』物部氏系譜には、欠史八代の天皇がすべて登場する。中でも欝色謎(うつしこめ)は八代孝元の皇后となり、伊香色謎(いかがしこめ)は九代開化の皇后となったとする。

次の図は物部氏、三上氏、中臣氏の系図である。

kextusihatidai.gif
物部氏は三上氏と複数世代で、婚姻関係にある。更に三上氏は中臣氏と婚姻関係に有る。
婚姻関係にある人物は、同時代の人である。系譜上の世代位置に破綻はない。
このような関係を織り込んだ、架空系譜を創作することは不可能である。したがってこれらの系譜は、史実を伝える。物部氏系譜に登場する天皇は実在したのである。
もし実在を否定すると物部氏系譜はもちろん、物部氏とつながる三上氏系譜や中臣氏系譜も否定することになる。
物部氏系譜は、更に出雲色多利姫(いづもしこたりひめ)を通じ、出雲氏の系譜につながり、出雲氏系譜は、沙麻奈姫(さまなひめ)を通じて、三輪氏への系譜につながる。三輪氏の五十鈴依姫命(いすずよりひめ)は綏靖(すいぜい)の皇后、渟中底姫(ぬなそこひめ)は安寧(あんねい)の皇后となる。
このような系譜を、架空の系譜として創作することは、不可能である。これらの系譜伝承に登場する天皇は実在したのである。

posted by 曲学の徒 at 12:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 卑弥呼は宇那比姫

2017年11月16日

富雄丸山古墳が日本最大の円墳。あなたは信じますか?

11月16日の新聞報道によれば、
「奈良市の富雄丸山古墳が、測量調査の結果、従来の説より二十メートル大きい直径百十メートルの円墳と分かり、市が十五日に発表した。埼玉県行田市の丸墓山古墳(直径百五メートル)を上回り、国内最大の円墳とみられる」とする。

直径、百そこそこで国内最大などありえない。なぜなら『魏志倭人伝』は、卑弥呼の墓を、径百余歩とする。径とするから円墳であろう。百余歩とは、おおよそ百五十メートル。直径百五十メートルの円墳が、日本列島のどこかに存在するのである。百十メートルの円墳が、最大であるはずは無い。それでは径百余歩の円墳は、どこに存在するのか。
写真に示す御所市玉手山の円墳がそれである。ここにまぎれもなく直径約百五十メートルの円墳と、長径が百六十メートル程度の楕円墳が存在する。これらこそ列島最大の円墳なのである。
keihyakuyoho.jpg

150ennpunn.jpg

私は、皆さんに、そのことを検証していただきたいと考えている。
ついては、下記のように、この古墳の現地踏査会を催します。
面白そうだと思われる方の参加をつのります。
もちろん、百五十メートルの円墳などありえない、とお考えの方も歓迎です。
現地にて、ご意見をうかがえれば幸いです。

場所 奈良県御所市玉手山
集合場所 御所市玉手満願寺駐車所
実施予定日(あくまで予定で変更になることもあります、どちらかに参加ください)
   12月16日(土)午後1時から4時まで
   12月17日(日)午前10時から午後1時まで
雨天中止
参加申し込みは、下記ブログの「私へのコンタクト」メールアドレスにご連絡ください。

http://yamatai.sblo.jp/

のちほど詳しい予定を差し上げます。

申し込み締め切り12月10日
posted by 曲学の徒 at 22:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 卑弥呼は宇那比姫
謎が一つ解けた by りひと (06/01)
欠史八代天皇の実在証明 by りひと (05/07)
富雄丸山古墳が日本最大の円墳。あなたは信じますか? by 桂川 光和 (11/30)
富雄丸山古墳が日本最大の円墳。あなたは信じますか? by 桂川 光和 (11/30)
富雄丸山古墳が日本最大の円墳。あなたは信じますか? by 閑人 (11/28)