2014年07月17日

『先代旧事本紀』物部氏系譜に誤りがある

物部氏系譜は天津彦根(あまつひこね)の系譜と婚姻関係にある。以前、物部氏系譜と名前だけ羅列された、天津彦根の系譜との対応関係を探ったが、うまく対応させることが出来なかった。
今回、中田憲信(なかだのりのぶ)著『諸系譜』の天津彦根命裔と伊勢津彦命裔との系譜を見ることによってこの問題が解決した。
結論は『先代旧事本紀』物部氏の系譜に誤りがあることが判明した。

mononobe-mikami.gif
すなわち物部氏系譜では川枯姫(かわかれひめ)と出雲色多利姫(いずもしこたりひめ)を彦湯支命(ひこゆきのみこと)の妻とするが、天津彦根の系譜では川枯姫は、大禰命の妻。または出雲色多利姫も大禰命の妻である。
更に物部氏系譜では、新河小楯姫(にいかわおだてひめ)を出石心大臣命の妻とするが、天津彦根の系譜では、新河小楯姫は欝色雄許(うつしおこ)の妻で、出石心大臣命の妻は坂戸由良都媛(さかとのゆらつひめ)である。また出雲色多利姫の登場する伊勢津彦命の系譜でも、出雲色多利姫は大禰命の妻である。
この天津彦根の系譜は天児屋根命(あめのこやね・中臣氏系譜)の系譜と婚姻関係を持ち、この系譜との間に矛盾は無い。
したがって、これらの女性と物部氏の男性の関係は、天津彦根命の系譜(三上氏系譜)や伊勢津彦命の系譜が正しく、『先代旧事本紀』物部氏系譜に誤りがある。
天津彦根命の系譜によって物部氏系譜を修正すれば、最初に私が感じた天皇系譜との違和感もある程度解消される。『先代旧事本紀』物部氏系譜は、大禰命、出雲醜大臣命、出石心大臣命を三世孫として同一世代とするが、出雲醜大臣命と、出石心大臣命は大禰命の児でこの間は二世代なのである。

 また今まで物部氏系譜と中臣氏系譜だけが、他の氏族系譜と孤立して、天皇系譜を仲立ちにしなければうまくつながらなかった。
今回天津彦根命の系譜と、天児屋根命の系譜が、宇佐津臣(うさつおみ)と梨迹臣命(なしとみのみこと)の世代でつながることが確認でき、また出雲色多利姫によって、伊勢津彦命の系譜につながり伊勢津彦命の系譜が、沙麻奈媛命(さまなひめのみこと)を介して大神氏(おおみわし・大三輪氏)の系譜につながることが解った。このことにより、畿内やその周辺の有力豪族系譜が、婚姻を通じてすべてつながった。
mononobe-nakatomi-mikami.gif
mononobe-nakatomi-mikami.pdf
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101772673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック