2015年09月06日

炭素年代測定値は古墳時代前期に収まらない

 秋津遺跡から出土した遺物の炭素年代測定値が、橿原考古学研究所の報告書に記載されている。(奈良県遺跡調査概報 2013年度第二分冊)その炭素年代測定値のデータは次のようなものである。
akitu-Radiocarbon.gif
報告書では「北半球で用いられる較正曲線IntaCal09に対し、日本産樹木年輪試料の測定値が系統的に異なる」として「現時点では、炭素年代値記載のみに止めた」たとする。したがって暦年(実年代)の推定については記載しない。
確かに日本列島で出土した遺物の炭素年代測定値を、北半球の標準となるIntCalで較正すると、暦年代が実際より古い年代となる可能性がある。
しかしながらこの差を考慮したとしても、秋津遺跡から出土した遺物の暦年代は相当古い。それらのいくつかは古墳時代前期には収まらないと考える。
次の表と図は秋津遺跡から出土した遺物の炭素年代を、IntCal13を用いて暦年代に較正したものである。較正には次のサイトで提供される分析ソフトを用いた。https://c14.arch.ox.ac.uk/embed.php?File=oxcal.html
%の68.2=1σ 95.4=2σの範囲
IntaCal13-Fig1.gif
グラフは2σの範囲
Akitu-IntaCal13(1).gif
Akitu-IntCal13.gif


日本列島の遺物を、北半球の標準となるIntCalで較正すると、実際の年代より古い値を示すとされる。それは、太平洋に面した日本列島では、南半球の大気に影響を受けることによるとされる。
この説によれば日本列島で出土した遺物は、IntCalで較正した暦年代より新しく、南半球の較正曲線SHCalで較正した暦年代より古い可能性がある。その場合、南半球の較正暦年より新しくはならないと考えられる。
そこでSHCalでの較正を行った数値も示す。
ShCal-Fig-1.gif
Akitu-SHCal13.gif

秋津遺跡からの出土遺物暦年代は、先に推定したIntaCal13とこのSHCalの間に収まると考えられる。
次の図は、方形区画施設2についてIntCal13とSHCal13で較正した図である。二つの図から方形区画施設2の年代を考察してみる。
【IntCal13】
IntaCal13-Fig4.gif
【SHCal13】
SHCal-Fig-4.gif

IntCal13では新しく見ても西暦250年頃よりは新しくならない。SHCal13では300年代という可能性も有るが、可能性の高いのは3世紀の前半である。SHCal13の3世紀前半より新しくはならないと考える。

さらに炭素年代測定値は無いが、方形区画施設3は方形区画施設2より古いのである。古墳時代前期の可能性など無い。この方形区画施設2および3が卑弥呼の在位年代の物であっても何ら矛盾はない。

また、方形区画施設の中の、高床式建物SB0040とSB0030bはさらに古い年代を示す。
試みにIntCal13とSHCal13で較正したグラフを示す。
SB0040.gif
SB0030b.gif

IntCal13で校正すると卑弥呼の時代とするには古すぎる年代となる。だがSHCal13で較正した年代より新しくはならないとすれば、まさに卑弥呼の在位年代の建物である。この建物の年代を古墳時代前期とするためには、SB0040やSB0030bは百年以上経った巨木の、中心部測定値とでもする必要が有る。無理な想定であろう。
特異な建物である方形区画施設を、古墳時代前期などという推論は、炭素年代測定値が否定する。そのために橿考研は、これらの炭素年代値の暦年較正をスルーするのである。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163028132
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック