2015年11月22日

御所市は大和朝廷発生の地

 御所市は初期大和朝廷の王都の地である。
二代綏靖(すいぜい)の葛城高丘宮(かつらぎたかおかのみや)、五代孝昭の掖上池心宮(わきがみいけごころのみや)、六代孝安の室秋津島宮(むろあきつしまのみや)は何れも現在の御所市内である。
また橿原市あたりまで範囲を広げれば三代安寧(あんねい)の片塩浮穴宮(かたしおうきあなのみや)、四代懿徳(いとく)の軽曲峡宮(かるまがりおのみや)なども近くである。奈良盆地南部は初期大和朝廷の発生の地で王都なのである。
以降七代孝霊や九代開化あたりから宮は奈良盆地の北部へ移るが、初期の大和朝廷の宮は奈良盆地の南部に営まれたのである。

gosesi-miya.gif

私は初代神武の橿原宮(かしはらのみや)も現在の御所市の内に在ったと考える。現在橿原市の橿原神宮あたりを橿原宮の跡地とするが、ここは明治になってから、このあたりが橿原宮の跡地であろうとして定めたものである。その根拠となったのは『日本書紀』が伝える「畝傍山の東南の橿原の地」という記述である。
しかし私は初代神武の橿原宮はこの畝傍山の麓ではないと考える。

kasiharanomiya.jpg
江戸時代本居宣長が畝傍山(うねびやま)近辺に橿原宮の跡地を尋ねた。だが畝傍山近辺に「かしはら」という場所は無く、西南一里ばかりのところに「かしはら」という処のある事を聞いたととする。そのことを『菅笠日記』に記す。西南一里の「かしはら」とは現在の御所市柏原のことである。
現在の橿原市という地名は昭和31年、近隣市町村が合併し名付けられた名前である。江戸時代に畝傍山近辺に「かしはら」という地名は存在しなかった。1736年に成立した『大和志』では、御所市の柏原を橿原宮伝承地とする。
私が『大和志』などが伝える御所市の柏原を橿原宮の場所とするその根拠は次のようなものである。

神武は即位後、掖上のホホマの丘で国見をする。ホホマの丘が何処か確定は出来ないが、掖上とするわけであるから御所市の内である。その伝承地として御所市の国見山、あるいは御所市本馬町の本間の丘ともされる。この本間の丘南麓には、創建の経緯は不明であるが神武を祭神とする神武天皇社が祭られる。また神武が日向で娶ったとされる吾平津姫(あいらつひめ)が住んだという伝承の場所に、ホンダワラ社又はホホマ神社という祠があり、吾平津姫を祭神とする。更に吾平津姫は本間の丘に葬られたとされる。このあたり神武とかかわる伝承を多く持つ。

もし橿原宮が畝傍山の山麓ならわざわざ掖上まで出向く必要などまったくない。畝傍山は奈良盆地の平野部に位置する独立峰である。ここに登れば360度を見渡せる。国見をするには最高の場所である。宮が畝傍山の麓なら国見は畝傍山に登れば良い。掖上まで出向く必要などさらさらない。
私は神武の橿原宮は畝傍山の山麓ではなく御所市に在ったと考える。
『日本書紀』の『畝傍山の東南、橿原の地』という表現は、必ずしも畝傍山の山麓とは限らない。良く知られている畝傍山という場所を起点として橿原の場所を示したにすぎないのではなかろうか。
だが御所市の柏原を橿原宮跡とするには一つの難点もある。現在の御所市柏原は畝傍山の南東ではなく南西である。『日本書紀』の方位の記述に誤りがあるとでもする必要が有る。
しかし私は神武が国見をしたという山の場所から、御所市柏原が橿原宮の在った場所と考える。御所市は大和朝廷発生の地なのである。

posted by 曲学の徒 at 15:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 葛城の歴史
この記事へのコメント
とても興味深かったです。今奈良でも葛城系や蘇我系ブームなのか講座も多いんですよね。
日本書紀の方位の間違いは多分作為的で逆にしたかもしれませんね。上からの圧で。まあ妄想ですけど。その方が葛城の力を隠せると思ったのかもしれませんね。

畝傍山が当時大事だったのは確かですけど川沿いにいい神社あります。西ですね。麓で神事すれば良いのであって、当時川で移動していたであろうと考えると御所市柏原の時代により東へと移動開拓していったなら妥当だと思いますよ。後に聖徳太子の関係で有名になってくる飛鳥川の方へとどんどシフトチェンジしてくるのが目に浮かびます。その前は蘇我川であり葛城地域は高い場所なのでお水がいっぱいあった時代にはそこしか住めないはずですから。そして葛城を挟んで大阪川の石川も蘇我氏が石川氏にされた辺りにも、またもっと昔の旧石器時代にも大事な地だったはずです。この前石川の白く濁った事件をきっかけに調べました。石川は大阪の柏原で川に合流、河内長野通り和歌山県かつらぎにも通じる大事なルートだったかもしれませんね。だいたい大事な所にダム作られちゃうんですけど、津風呂みたいに。

葛城の東に話を戻しますけど、川を使うなら曽我川をまず葛城の土地の方々を使い開拓が一番、そしてもっと広げようとすると田原本町辺りまで制圧しないと飛鳥川を自由に使えない。田原本町には木の工房があった可能性あるそうですけど今はすっかり痕跡が、木なので腐るようでうからしかたないないのですけど。船とか柱の建物関連ですでに先住民がいたはずです。木は奈良では調達できていなかったので木を水運で運んできて田原本町で加工してさらにどこかに?近江とか吉備の方までか?この辺りも尾張氏には絡んでくると思います。

そんな妄想をしながら生きていたので
最初の橿原宮は山の西というのは妥当だと思いますし、御所市は葛城にも近いですから先住民との接触を考えると妥当だと思います。その後舞台は奈良の東へと移動していくのでしょうね。
素晴らしい考察ありがとうございます。この説は偶然の知識なのですけど妥当だと思います。

玉手や吉野の宮滝へも水運使えば柱は運べる。まずは川に近い方で御宮作るのは妥当だと思います。勢力や権力が出たら内陸はありだとも思います。奈良はお水いっぱいだったみたいですから水運使える一族と仲間になるのは好都合だったはずです。ただ使っておいて歴史から抹消しちゃいけない、供養はしているとは思いますけど一般人の歴史の中でもきちんと出して供養すべきだと思いますね。
葛城ソツヒコに関わる地4箇所もさっき地図で忍海、佐味と出てきていました。職人がいた地大事ですよね。宜しくお願いいたします。0808
Posted by りひと at 2016年11月03日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168324759
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック