2015年12月25日

卑弥呼の王宮を守れ

大変なことになっている。橿考研は秋津遺跡の重要性に気付いていない。卑弥呼の王宮の一部が出土しているにもかかわらずそのことを理解していない。
秋津遺跡は縄文末、弥生中期、古墳時代前期と続く重層する遺跡である。橿考研は古墳時代前期とする遺構の年代を、三世紀中ごろから四世紀中ごろとする。もちろん、その年代の竪穴住居も多数存在する。だが方形区画施設やその中に存在した高床式建物の年代は、卑弥呼の時代の物である。二世紀末から三世紀中ごろに存在したのである。
そのことは、炭素年代測定値が示す。方形区画施設の内部は清浄に保たれ、内部から直接その年代を推定する遺物は見つかっていない。だが炭素年代測定値の示す、その内部の高床式建物の年代は、古墳時代前期に収まるようなものではない。また方形区画区施設の内部の高床式建物を、布留時代の竪穴住居が切り崩す。その高床式建物を取り囲んでいた塀は三回にわたって建て替えられている。最初の塀の年代は布留式時代をはるかにさかのぼる。更に二世紀代から三世紀前半の遺物とされる、多孔銅鏃も出土している。

ここは秋津嶋宮の伝承地である。六代孝安の秋津嶋宮の一部が出土しているのである。すべての遺構が保存できるわけではない。単に歴代天皇の宮が出土したというだけなら、調査の上自動車道の橋脚の下に消滅したとしてもやむを得ない。だが卑弥呼の王宮であれば話は別である。何としてでも保存されなければならない。すでに橋脚の下に消滅した部分は、もはやいかんともしがたい。だが遺構は更に東西方向に広がる可能性がある。その部分だけでも残すべきである。

私はこの近辺の発掘調査が開始される前に、この秋津嶋宮の出土を予見した。だが発掘調査によって大型建物群が出土したとしても、一豪族居館跡として片づけられることを危惧した。それを秋津嶋宮との関連で考える人など無かろうと思った。ましてや卑弥呼の王宮などと言い出す者は無い。そこで、ここが卑弥呼の王宮であることを理解してもらう為には、玉手山に卑弥呼の墓が在る事を立証することが一番と考えた。
稚拙な発掘が遺跡破壊に成りかねないことは承知の上で、発掘を敢行した。2008年の頃である。当初簡単に立証できると思った。あれからすでに8年が経つ。古墳であることは立証できたが、いまだに、ここが日本最大の円墳である事を、立証できていない。古墳と確定して以来、一切の発掘行為は出来ないがこれまで、藪を刈りはらうなどして地形の観察を繰り返してきた。ようやく一部盛り土の裾を確認するに至った。尾根全体を墓域とする、巨大古墳であることが解ってきた。

年の瀬に至り、この一文をしたためる。2008年当時危惧したことが現実のものとなっている。この遺構の重要性を認識できていない。私はこの遺構の重要性を世間に訴えるために、来年には何としてでも、この玉手山の古墳が卑弥呼の墓であることを立証しようと思う。そのための新しい試みを企画している。
そのことが、秋津遺跡の重要性に気づいてもらうための、私のできる方法であると思うからである。
posted by 曲学の徒 at 13:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 卑弥呼の王宮を守れ
この記事へのコメント
応援しております。
最後まで拝見できましたよ。
では後ほど秋津遺跡の講演会に参加してきます。
時代の想定が遡っているといいですね。

記事の内容も父がなくなり10年くらい個人で考えてきたことに近いです。(尾張氏がかなり私は曲者で解釈に困ってますが高尾という場所はとても大事ですよね。)たけの姫、わにこだわっているピンポイントです。
単純な私の周りにいる方の人間ウォッチで考えれば愛宕山があるのでそこも何かのヒントになるのでは?と思いお伝えしておきます。
偶然ですが、祖母の命日で秋津遺跡に繋がり、父の命日でこのプログが始まってるのと、またシュリーマンが日本に来たのもびっくりだったのに同じ志をお持ちの方の記事にもお名前が。まだ一日経ってませんから。

私のルーツ探しがとんでもないところにきてるのですが、これもご縁に流されてみます。身体第一で無理しないでくださいね、何もできませんが応援しております。認証コードも占いのように記載していますが前回と同じような?ランダムではないのかもしれませんが大好きな数字です。

日本の未来に良い方向に進む事を願います。決してお金や権威では動かせられない物がまだまだ埋まってるはずです。その事実がまた日本を救ってくれるはず、各地に住む方が愛情あるその土地の利用を考えていくと目先の利害よりずっと大きな恩恵を受けることになるはずです。
それぞれの分野の本物の職人気質に期待しております。
お役目ご苦労さまです。
Posted by りひと at 2016年01月30日 10:11
りひと様
コメントありがとうございます。りひと様の次のコメントは興味あります。

>私のルーツ探しがとんでもないところにきてる

日本全国に卑弥呼につながる子孫は沢山あるのではないでしょうか。
私が卑弥呼とする宇那比姫命は、天足彦国押人命の妻です。
天足彦国押人命は和邇氏の祖とされる人物です。したがって和邇氏につながる、下記に様な一族も卑弥呼と
つながるのです。
春日氏、大宅氏、小野氏、粟田氏、 柿本氏、和仁氏などが有名です。
更に富士氏、都留氏、大久保氏なども和邇氏を祖とします。
更に孝霊の子孫を加えると多くの氏族が卑弥呼につながります。たとえば雅楽で有名な楽家などもその一つです。

りひと様もどこかでこの和邇氏などの系譜につながるのではないでしょうか。







Posted by 桂川光和 at 2016年02月04日 22:46
お久しぶりです。お元気ですか?前回に続き橿原考古学研究所の講演会を聞いてきました。
タイトルに塩鉄木馬論とあり申し込んだ当日は全く頭になかったのですが最近の出会いと合致しておりまして不思議な縁を感じました。塩は最近お墓参りの地で製塩土器に出会って、鉄は父の関わる地で良く出会い、木はドイツでお守りとして買って木の大好きな父に渡すとガンが誤診と分かり、馬は馬頭観音ファンなので子供時代から接点があるものです。

今日の先生は、古墳から重要と思われていない木屑をコツコツと研究したり疑問点を先入観にとらわれず頑張ってきたようでした。
おまけに、関わったのが奈良の秋津に近いエリアともう1箇所が和邇という二大エリアに実際に関わったようです。和邇氏の説明の説明で小野と出ていましたからそういえばと前回のお返事コメントをみてやっぱりと思いました。製塩土器と出会った地域にも小野という地名があり小野小町の伝説も。
和邇凄いですよ。和邇が注目されると何かが変わってくるかも?と思っています。私もこつこつマイペースでやります。

大和政権が政権維持に必要だったはずの塩鉄木馬は、どこからか調達しないわけにいかなかったはず。それを探る事で当日の様子が分かるとその通りに思いました。大和政権のエリアも広範囲にならざるを得ないのでしょうね。

最後に大壁建物研究されているそうでその関係で関東東北にも目を向けているそうです。近畿との接点は平塚相模?の可能性もとおっしゃっていました。私も防人や柿の関係で相模と奈良は密接だったと感じています。

秋津とは今回は直接関係のお話ではありませんでしたが秋津の辺りと和邇の辺りを冷静に研究してくれている方がいることをお伝えしたくなりました。
その方は5世紀に縁があるとおっしゃっていましたがそこが研究されたあかつきにはきっと、卑弥呼の時代も研究成果が現れてくるはずですね。
馬は東からと。関東には牧ありましたから。邪馬台国が東だったらみんなびっくりしちゃいますけど、考古学で実証になるのか?可能性はない事もないとも。奈良と関東東北も連動してきていますよ。

橿原考古学研究所も閉鎖的でない活躍をどんどんしてくれるといいですね。
0808
Posted by りひと at 2016年04月09日 17:31
小さい日本だけで卑弥呼の王宮は、守れません。縄文民族と鏡(黒曜石・湖面)神事を遡れば紀元前12000年相谷熊原・白馬飯守八光池・甲斐釈迦堂から土偶・鏡神事が繋がる足跡が、丸木舟とシュメール人・メソポタミア・エジプト文明の祖、日本縄文神国が卑弥呼の起源です。海洋シルクロードの潮に乗った移住地域を拡大せず小さな島国情報では、卑弥呼を守れません。
Posted by 門林光治 at 2016年05月26日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170570315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック