2016年07月08日

直径150mの尾根

2008年以来玉手山で古墳の調査を続けてきた。
私が日本最大級の円墳とする二つの古墳の概要が解ってきた。
150-ennpunn-No1,.jpg
図は玉手山の西斜面に張り出した、尾根を南上空から眺めたイメージ図である。
説明のために尾根に番号を付ける。北から1、2、3とする。
tamateyama.gif
1の尾根は、航空写真ではほぼ円形に見える。また南西の地上からは直径150mの円墳に見える。
尾根上に盛り土を成して墳丘を築く。墳丘の大きさは尾根方向で25m。尾根方向の盛り土の範囲は明瞭に識別できる。
kofunn-no1.gif

尾根と直行する方向では、盛り土の範囲を明瞭に確認できない。北側、南側共に斜面表層の山砂が一部崩落する。盛り土という軟弱な地層ゆえの崩落と考えられる。南斜面の崩落個所は、墳丘の中心から30mほどの所である。この崩落個所あたりも盛り土の範囲と推測する。北斜面でも大規模な表層の崩落がある。盛り土の範囲は尾根方向で25mほどであるが、尾根と直行する方向では40〜50mに及ぶと推測する。
平地側にテラス状の平坦地がある。尾根の背の山砂を墳丘に盛り上げたと思われる。

尾根そのものは自然の尾根である。しかし、私は尾根裾は人の手によって整形されていると考える。
図に示した「ア」の地点で、鉄杭を使った地層調査を行った。
tikei-1.gif
tisou.gif
尾根の斜面では鉄杭が私の体重で容易にめり込む。だが尾根裾の外側では、深さ20pくらいで地山の固い地層に突き当たる。鉄杭は容易にはめり込まない。尾根の斜面は、花崗岩の風化によって出来た柔らかな山砂に覆われる。自然の地層である。だがその尾根の外側、有機物の堆積する表層の下は、固くしまった地層で柔らかな山砂の堆積がほとんどない。山砂が取り除かれている。このことから私は尾根裾は人為的に整形されていると考える。したがって尾根全体を墓域とする直径150mほどの円墳である。

この古墳の築造時期についてである。墳丘の発掘調査で出土したのは鉄鏃の塊であった。5世紀末頃の遺物である。私の期待した時代の物では無かった。しかしこれはこの古墳の築造時代の物ではないと考える。出土したのは墳丘の中心から3mほど離れた場所である。中心を掘らなかったのは、地中レーダー探査を行った際、中心付近ではレーダーの反応がなかったからである。
後に墳丘の裾で土器片を採取している。小さな土器片で年代を確定するまでには至らないが、3世紀中ごろとしてもおかしくないと考える。
No1dokihenn-2.JPG
bQからは庄内式と思われる土器片が出土した。3世紀前半の土器である。1も同時代の古墳と考える。私はこの古墳こそ『魏志倭人伝』が伝える径百余歩の卑弥呼の墓とする。
No1.jpg



posted by 曲学の徒 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 径百余歩、卑弥呼の墓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175990835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック