2016年07月08日

真の孝安陵か?

次に2の古墳である。この古墳は長径160m短径90m位の楕円の尾根上に造られる。最近ようやく盛り土の範囲を確認できた。盛り土はおおよそ長径80m、短径45m位に及ぶ。同時代としては国内最大規模である。この墳丘でも北側斜面には表層の崩落がある。盛り土という軟弱な地層ゆえの崩落であろう。
No2-No3funnkyuu.gif

次の航空写真に見る中央の楕円形が、おおよその盛り土の範囲である。この楕円形は、生えている樹木の違いによるのか、盛り土と自然土壌の違いによる生育環境の違いによるのか判然としないが、この楕円の外周あたりに、微妙な傾斜の変化が見て取れる。

ここまでが盛り土の範囲であろう。盛り土の範囲だけでも、これまで国内最大とされてきた岡山県倉敷市の楯築墳丘墓より大きい。
ただし墳頂は何らかの理由により大きく削平されていると見る。西側に墳丘の一部を残すが、墳頂は平坦地となる。
また2500分の1の地形図から尾根の先端は掘り崩されていると見る。尾根全体を古墳とすれば長径160mにも及ぶ巨大古墳である。
tikeizu.gif

この古墳の築造年代は3世紀中ごろであろう。墳丘の盛り土の中から次のような土器片が出土している。図に示すような壺の底である。3世紀前半とされる、底が尖った庄内式土器である。
dokihenn-5.jpg
dokihenn.gif

『記紀』によれば玉手山は、六代孝安天皇が葬られたとされる場所である。この『記紀』伝承は事実を伝えると考える。
だが今日宮内庁が孝安天皇陵とする古墳は、本当の孝安陵ではないと考える。
なぜなら、そこに存在する墳丘は直径13m前後の小さな古墳である。幕末尊王思想の高まりの中で天皇陵が修復された。図は文久の修陵に当たり改修前に描かれた、孝安陵とする古墳の図である。尾根の先端に存在する小さな墳丘を孝安陵とする。
kouannryou-a.jpg

玉手山にはこれより大きな墳丘がいくつか存在する。2の墳丘は長径80mくらいと、これよりはるかに巨大である。そこから出土した土器片から、孝安没年頃の築造として不思議はない。

1の尾根は、孝安の宮とされる室秋津島宮の方向から見た時、整った土饅頭型に見える。
2、と3は秋津病院の建物でさえぎられるが、建物が無ければこれらも整った土饅頭型に見えるはずである。これら玉手山の西側に張り出した尾根上の古墳は、何れも秋津嶋宮の方角から見ることを前提に築造されている。現在宮内庁が孝安陵とする円墳は東側に張り出した尾根上に存在し、秋津嶋宮からは見ることが出来ない。その点でもこの古墳は孝安陵ではない。私は1が径百余歩とされる卑弥呼の墓で、2が本物の孝安陵と推測する。

3の古墳は一目見て古墳と解る。解りやすい古墳である。山側から見ると直径7〜8mの円墳にしか見えない。だが墳丘の裾は尾根の中腹まで及び直径20mの円墳である。
墳丘が築かれるにあたっては、尾根の樹木は全て伐り払われていたであろう。樹木が無ければ墳丘と尾根は一体に見える。尾根幅は45mほどで尾根全体が墓域なら相当大きな古墳である。
築造の時期は不明であるが、私は1、2に続く時期の築造であろうと推測する。

posted by 曲学の徒 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 孝安天皇陵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175991650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック