2016年10月25日

稲部遺跡に見る鉄器流入ルート

10月22日滋賀県彦根市稲部(いなべ)遺跡現地説明会に行ってきた。
二世紀から四世紀代の遺跡とされる。
inabeiseki.jpg
注目されるのは三世紀前半の鍛冶工房群建物が出土していることである。
『魏志倭人伝』に登場する邪馬台国時代の鍛冶工房である。鉄を加工した際に出来た鉄屑などが6s出土したとされる。大規模な鉄器加工の拠点である。
邪馬台国時代の鉄流通経路の一端が見えてくる。
鉄素材は朝鮮半島から丹後へ、そして若狭の小浜を経由し、琵琶湖西岸の今津に至る。ここから船で琵琶湖東岸の稲部に運ばれたのである。ここで加工され、畿内あるいは東海地方へもたらされた可能性が推測できる。

近江と関係の深い物部氏

大和朝廷の有力豪族物部氏は、近江と深い関係がある。滋賀県野洲あたりの豪族三上氏と複数世代にわたり婚姻関係にある。

mononobe-mikami-isetuhiko.gif
この三上氏と稲部遺跡との関係は定かではないが、三上氏の奉斎する三上山は稲部遺跡の25q位南である。琵琶湖東岸の地帯は鉄素材流入と加工に深くかかわる地域である。
また稲部遺跡から、溶けた銅を流し込む湯口に固まった銅片が出土している。銅製品の加工も行われている。三上氏の拠点である野州市大岩山は24個の銅鐸が出土したことで知られている。おそらくこの銅鐸もこの地域で制作された物であろう。この地域では古くから金属加工が行われていたのである。
物部氏が、琵琶湖東岸の鍛冶工房から鉄器を入手するのは容易なことである。むしろ私は物部氏が鉄器の入手を通じて、三上氏と強く結びついていると考える。

丹波から近江への鉄の道

もう一つ三上氏と関わる氏族がある。私が卑弥呼や台与の出身氏族とする尾張氏である。
『勘注系図』は尾張氏の彦火明命三世孫倭宿禰の、またの名を天御蔭命とする。天御蔭命は三上氏が奉斎する御上神社の祭神でもある。
倭宿禰は天村雲命が丹波に居た時娶った伊加里姫命との間に生まれた子供である。天御蔭命によって、丹波とこの琵琶湖東岸の地がつながるのである。
更に尾張氏の八世孫倭得玉命は淡海国(おうみのくに)の谷上刀婢(たなかみとべ)を妻とする。谷上刀婢が三上氏の女性であるかは定かではないが、尾張氏は淡海国(近江)ともつながる。倭得玉は台与の兄妹で三世紀後半の人である。

丹波支配に当たった尾張氏

尾張氏は卑弥呼の兄、建田勢命が丹波支配に当たる。次いでその子供建諸隅命が丹波大縣主として丹波を支配する。丹波は大和朝廷にとって大陸との交易の重要拠点なのである。その事を物語る遺跡がある。
建田勢命が府を置いたとする場所は、京丹後市久美浜町海士(くみはまちょうあまべ)である。久美浜湾のほとりである。その久美浜湾の日本海側に函石浜遺跡がある。そこからは中国からもたらされた刀銭や貨泉など、古い時代の遺物が出土している。大陸と直接交易の在ったことを伺わせる。
丹後は大和朝廷にとって大陸との交易の窓口なのである。丹後にもたらされた鉄素材は若狭を経由して琵琶湖東岸に運ばれたのである。

邪馬台国は容易に鉄器を入手できた

邪馬台国九州説を唱える安本美典氏は、弥生の時代北部九州から鉄器が大量に出土すが、奈良県からは鉄器がほとんど出土しない。このことを根拠に邪馬台国畿内説を否定する。
だが大和朝廷の有力豪族である物部氏は、三上氏と結びつくことによって鉄器を容易に入手する立場にある。また尾張氏は鉄素材入手の拠点である丹波を支配している。
奈良県の弥生末遺跡から鉄器が、出土しない理由は不明であるが、卑弥呼時代ににおいて、大和朝廷は間違いなく鉄器を入手している。
安本氏の立論は稲部遺跡から出土した鉄屑によってもろくも崩れるのである。

倭国大乱は鉄入手ルートをめぐる戦いなどではない

もう一つバカバカしい仮説がある。倭国大乱を鉄入手ルートをめぐる近畿以西の国と、北部九州の国との戦いであるとする仮説である。
この説は鉄入手ルートとして瀬戸内海を想定する。だが邪馬台国すなわち大和朝廷の鉄入手窓口は丹波である。丹波は早くから大和朝廷の勢力圏にあり、瀬戸内海の政治状況が変化しても、入手ルートが途絶える危機に遭遇することなど無い。
『後漢書倭伝』は「桓霊間倭國大亂更相攻伐歴年無主」として「歴年無主」とする。主の無い国同士の戦いなど想像できない。
倭国大乱とは、王位が空白となった為に起きた、大和朝廷内の王位をめぐる内紛である。
posted by 曲学の徒 at 11:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 丹波と大和朝廷
この記事へのコメント
お久しぶりです。
私も友人から稲部遺跡の話を聞いて飛び上がりましたよ。工房ありですし、6キロは凄いですよね。奈良では少しだけですから。奈良ではどこかから調達していたのは間違いなかったですが近江の三上山の近くというのは最高でした。以前草津に行った際グラウンドに広げてあった雑誌のページが御上神社で行かされました。当日怖くてでしたけど。弓のお守りが今玄関に。そんな経験があり色々自分や家族との関係か父とも深読みしております。
雑談はさておき、敦賀や丹波の重要性を理解している方がいることにも感謝です。尾張氏出てきましたね、やっぱり。奈良に住んでいた方々が方々の方が好きですね、少しづつ変質してしまったかもしれない尾張氏ですがここをほぐさないと先にも進まないとも思います。今後も記事楽しみにしております。

物部さんの重要性も理解して頂きありがとうございます。物部も信頼して良いところ悪い所とありそうなので注意しながらみています。

ヒコネの付く神様がかなりかぶってくるのかなあ?と友人ともそれぞれ思ってきています。近江の彦根も関係出てくるかもしれませんね。

河内長野辺りもかなり古い時代から遺跡があります。奈良の葛城から和歌山県のかつらぎとあの辺りもも関係してきそうですよ。

主要な川や今ない水辺、そして津(みなと)それを理解して物の運搬と交流をお考えであることもさすがと思います。
今後のご活躍応援しています。
この一族は、尾根沿いや河岸に古墳作ってそうですね。今後も宜しくお願いします。0808
Posted by りひと at 2016年11月02日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177400106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック