2016年11月29日

東大寺山古墳の被葬者は武振熊命

かって東大寺山古墳を訪ねた事がある。ところうが墳頂に至る道が解らず、やみくもに墳頂を目指すも、密生する竹藪と金網のフェンスに阻まれ古墳に至ることが出来なかった。
今回は十分な情報を得て再度訪れた。天理教城法(しきのり)大教会の敷地内を通り墳頂に至る。事務所で古墳を訪ねる旨を伝え、駐車の了解を取ると、親切に東大寺山古墳の説明書を手渡された。この教会から墳丘までは150mくらいの整備された山道である。

私は東大寺山古墳から出土した中平銘鉄刀は、卑弥呼が公孫度(こうそんたく)から受け取った刀と推測する。
その刀がなぜ東大寺山古墳から出土したかである。私はこの古墳に葬られた人物は、卑弥呼の子孫と考える。
私が卑弥呼とする宇那比姫命は天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひとのみこと)の妻である。天足彦国押人命は、和邇氏の祖とされる人物である。したがって宇那比姫命も和邇氏の祖で、その子孫は卑弥呼の子孫なのである。

東大寺山古墳は和邇氏の墓である。それではこの古墳に葬られた人物は誰なのかである。
363年4月武内宿禰は、神功皇后を担ぎ新羅侵攻を企てる。だが渡海作戦を実施するにあたって十分な船がなかった。そこで和邇氏の武振熊命は、丹波、但馬、若狭から、航海に長けた海人300人と船を集め参戦する。そのことが『勘注系図』という海部氏の系図に記される。
その後、大和に帰還しようとするとする神功達と、これを阻止せんとする、駕籠坂王(かごさかのみこ)や忍熊王(おしくまのみこ)と戦いになる。最後は建振熊命が忍熊王を琵琶湖のほとりに追い詰め、神功側の勝利となる。
建振熊は神功応神朝成立の功労者なのである。これを期に和邇氏は神功応神朝の有力豪族となる。
東大寺山古墳のある天理市櫟本あたりは和邇氏が住んでいた場所である。ここに全長140mの東大寺山古墳、107mの赤土山古墳、120mの和爾下神社古墳が築造される。築造の順序は東大寺山古墳、赤土山古墳、和爾下神社古墳で、四世紀末から五世紀初めとされる。何れも和邇氏の墓である。

toudaiziyamakofunn.jpg
私は最初に造られた東大寺山古墳は、建振熊命の墓と考える。363年に活躍した建振熊は4世紀末頃没したと思われる。東大寺山古墳の築造年代と一致する。またその古墳には大量の武具が副葬されていた。葬られた人物が武人であったことを物語る。
武振熊命は新羅の役や忍熊王との戦いで活躍し、神功応神朝の成立に功績のあった人物である。4世紀代和邇氏隆盛の礎(いしづえ)を築いた人物である。したがって最初に築造された東大寺山古墳は、武振熊命の墓と考える。
和邇氏の墓から中平銘鉄刀が出土したことは、宇那比姫命が卑弥呼であるという私の説を裏付ける。
次の図は宇那比姫命から武振熊命に至る系図である。
takefurukuma.gif


posted by 曲学の徒 at 16:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 卑弥呼には夫も子もあった
この記事へのコメント
尾張と和邇結婚から奈良が築かれて行くんですね。尾張の中に和邇を感じたのはそういう事ですね、納得です。
また今回の記事の被葬者も特に私も気になる方でしたので感覚では納得出来てしまいます。朝廷に取り入れられていく中でこの先は神事と政治は分かれてしまっていくのでしょう。この方が生きていたらきっと今でも日本は順調に資源を守りまた物を大切に職人気質を現在まで維持出来て物凄い進歩していたでしょうね。残念です。歴史も戻してまたそこからコツコツと自然と人間の共存をしていってほしいですね。卑弥呼は和邇を守ってくれているなら嬉しいですね。武器としての剣ではなく守護の為の剣なのでしょうね。0808
Posted by りひと at 2016年12月01日 14:01
武振熊命はやっつけた方になってますがやっつけられた方でもあるように思います。双子かしら?
戦いがこの方であったのなら和邇が違う一族にすり替わっているか自分のルーツを誤解して戦うようになっている気がしました。渡来系だと。
Posted by りひと at 2016年12月01日 14:18
『日本書紀』は摂政前年3月5日として次のように記します
「(神功皇后は)武内宿禰と和珥臣の祖である武振熊に命じて、数万の軍を率い、忍熊王を撃たせた」とあります。

建振熊が仲哀の遺児忍熊王を撃つのは、おっしゃる通り自分のルーツを誤解しているよな戦いではありますが、どちら側に就くかは時の情勢もあり、生き残りのためにはルーツにこだわらない行動もあるかと思います。
大和朝廷は、神功応神朝以前と後では、その権力構造が大きく変貌します。

あくまで私の推測ですが、和邇氏と密接な関係にあった尾張氏は押熊王側で、この戦い以降没落すると考えています。
Posted by 桂川光和 at 2016年12月04日 11:56
少し謎が解けてきましたよ。

仲哀天皇系の遺児を消したいのは、どうやら政略結婚的でお金なり権力の気配がありますね。尾張氏が大事だった証。そして武内宿禰さんは神功さんとセットになっているにはどちらも何かに依存されて正統性が維持されているもられあいのようにも。またお腹にお子さんがいたならば同じ武なので武振熊の方で宿禰さんの子?だったのでは?
だからこそその子の為にももう一方の忍熊王をやっつけないとまずいわけが出てきます。
双子探しをしていましたが異父の息子の課題はクリア出来ました。そしてヤマトタケルの方の双子はおそらく日本武尊のポジションを狙った者の存在があったから双子的に解釈されているのでは?景行さんが可児市でもてなされて見初めた方が大事な女性で姉妹で仲良くだったはずです。
15代仲哀から16代仁徳天皇初期は同じ仲哀さんで善良に民の為に。そこでやられて17代履中が裏切っていないかと(母が違う?)
この方が後期仁徳としていた?仁徳天皇さんの息子は仲哀の息子なので日本武尊になるのが住吉仲皇子でこの方が16応神天皇なので大仙の時代的にあえば面白くなります。
住吉さんは誰かに裏切られ17代履中?やられて一番の護がいなくなり18代19代と葛城や大阪三宅などで繋いでいたら20代で上手く筋をずらされてしまったようにも。

考古学的にも履中のあたりのお墓は兄弟間で動きそうな二転三転も説ではあるので考古学に合えばお宮の場所も含め分かってくるかもしれませんね。

大仙に田道間守さんのお墓があるので一番縁がありそうなのは誰なのか?田道間守も関係者だろうと思っています。難波皇子の息子にも似ているのもあり、橘氏も関わってきそうです。

結果和邇氏と尾張氏が全てなのでしょうね。継体系の血が仲哀に繋がっておかしくないのと仲哀さんの本当の奥様がいるはずです。

磐之姫のお墓に行きたかった理由が少し分かってきましたよ。彼女は多分尾張系でしょうね。磐之姫の天皇になれていない住吉仲皇子は水神でもあるはずで歴史ではひどい方のようですけどそうされる理由はありそうに思います。専門家がどう思うか?発想の転換に使って頂けたらありがたいです。石清水から石上への分岐点にもなりそうに思います。
Posted by りひと at 2017年02月14日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177863190
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック