2017年05月07日

卑弥呼の系譜

himikokeifu.gif

この人が卑弥呼

丹波の支配者系図を伝える、海部氏の『勘注系図』という系図がある。その系図の六世孫に宇那比姫命(うなびひめのみこと)とい名を記す。宇那比姫命のまたの名として、天造日女命(あまつくるひめみこと)、大倭姫(おおやまとひめ)、竹野姫(たかのひめ)、大海靈姫命(おおあまのひるめひめのみこと)、日女命(ひめみこと)とする。何れも一人の女性の別名である。

先ず注目されるのは大倭姫(おおやまとひめ)である。
『日本書紀』や『古事記』で、倭(やまと)の名がつくのは、天皇の妃か子供くらいである。中でも大倭(おおやまと)と「大」が付くのは、古い時代の天皇と七代孝霊の妃、意富夜麻登玖邇阿禮比賣(おおやまとくにあれひめ)くらいのものである。
この女性は天皇と同格の、大倭(おおやまと)の名前を持つ。
「やまと」という言葉は現在の奈良県あたりを意味する地域名と、そこに政治の中心が在った時代、支配地域全体を指す国名でもある。国名として明示的に指す場合は「やまと」に「大」を付けて「おおやまと」と呼ぶ。漢字表記は「大倭」である。大倭姫は大和朝廷の最高権力者を意味する女王の名でもある。
さらにこの人は天造日女命(あまつくるひめみこと)という、尊大な名前を持つ。
律令制が敷かれる前の時代、大和朝廷により任命された、地域支配の長を国造(くにのみやつこ)と言う。この「造」には支配者の意味がある。「天」は天下であるから、天下を支配した姫君という意味である。
そしてまた、大海靈姫(おおあまひるめひめ)という巫(みこ)姫の名を持つ。『魏志倭人伝』は卑弥呼が「鬼道(きどう)」に長けていたことを伝える。この人もまた靈姫(ひるめひめ)という宗教的色彩を帯びた名前を持つ。
最後は日女命(ひめみこと)である。読みは「ひめみこと」であろうが、異国の人がこの音を『卑弥呼』と書き表しても不思議はない。
日女(ひめ)とは後の「姫」「媛(ひめ)」などと同じ、高貴な女性を指す普通名詞である。この日女に「命(みこと)」という尊称がついたのが日女命である。
大倭姫、天造日女命、大海靈姫命、日女命とくれば、この人はまさに『魏志倭人伝』が伝える邪馬台国の女王、卑弥呼である。

台与も登場する

『勘注系図』は宇那比姫の二世代後に、天豊姫命(あまとよひめのみこと)という女性を記す。この女性もまた大倭姫命の別名を持つ。
『魏志倭人伝』は卑弥呼が死んだ後、男王が立ったが国中が従わなかったとする。そのため千人ほどが死ぬ戦乱となる。そこでふたたび卑弥呼と同族の女性、十三歳の台与が擁立され、ようやく国が定まったとする。
天豊姫の「天(あま)」は、この一族に付けられる姓のようなものであるから、名前は豊(とよ)である。これは『魏志倭人伝』の台与の音と同じである。
天豊姫と宇那比姫は共に尾張氏の女性で同族の人である。『魏志倭人伝』が伝える「宗女」なのである。
天豊姫命の父親は、建諸隅(たけもろずみ)である。『勘注系図』は建諸隅の亦の名を由碁理(ゆごり)とする。由碁理という名前は『古事記』にも登場する。九代開化(かいか)の妃になった竹野姫(たかのひめ)の父親である。彼を丹波大縣主(たんばのおおあがたぬし)とするから、『勘注系図』という丹波の系図に登場することに不思議は無い。建諸隅命は由碁理(ゆごり)とみて間違いない。
だとすると天豊姫命は『日本書紀』や『古事記』が開化の妃とする、竹野媛である。
『勘注系図』は建諸隅命の注記に次のように記す。
建諸隅命は開化の時代、丹波の與余社郡(よさのこおり)に竹野姫(たかのひめ)の屯倉(みやけ)を置いて奉仕したとする。屯倉とは天皇家の私有地のことである。この事からもここに登場する竹野姫は、天皇家の人で『記紀』が開化の妃とする竹野媛であることが解る。

卑弥呼の出自は葛城高尾張

『勘注系図』では、宇那比姫を系図の端の方に六世孫として単独で記すのみで、系図の中でどのようにつながるのか不明である。だが『先代旧事本紀』尾張氏系譜を見ると、宇那比姫命の父親は建斗米、母親は紀伊氏の中名草姫であることが解る。更に宇那比姫命は建田背命を長男とする七人兄妹の一番末の娘である。
尾張氏は元は葛木高尾張と称された、現在の奈良県御所市近辺に居た一族である。愛知県の尾張氏もこの一族の後裔である。
宇那比姫は建斗米という尾張氏の当主の娘である。宇那比姫すなわち卑弥呼は、葛木高尾張の人である。その尾張氏の娘が『勘注系図』という丹波の系譜に登場するのは、丹波の人にとっても宇那比姫は特別な人であったからである。
またこの尾張氏は、葛城国造の葛城氏と何世代に渡って婚姻関係にあり強い縁戚関係にある。

卑弥呼の夫

『勘注系図』と『先代旧事本紀』尾張氏系譜の他に、もう一つ宇那比姫が登場する系譜がある。
静岡県磐田市國玉神社の大久保家につたわる系譜である。
大久保家は和邇氏に始まり、古い時代の和邇氏系譜を伝える。そこに次のような記述を見る。
『押媛命(おしひめのみこと)(一に忍鹿比売命(おしかひめのみこと)、母は建田背命(たけだせのみこと)の妹、宇那比媛命也)』とする。
押媛命とは天足彦国押人(あまたらしひこくにおしひと)の娘とされる。母親を宇那比媛命とするから宇那比媛命は天足彦国押人命の妻ということになる。宇那比媛命を建田背命の妹とするから尾張氏の宇那比姫命で間違いない。

卑弥呼の王宮は室秋津島宮

この系譜によってとてつもない事実が明らかになる。天足彦国押人には倭足彦国押人(やまとたらしひこくにおしひと)、すなわち六代孝安天皇という弟がある。孝安天皇は宇那比姫命の義理の弟となる。
『魏志倭人伝』は卑弥呼には「男弟有りて佐(たすけ)て国を治」とする。宇那比姫命には六人の兄弟があるがすべて兄で弟は居ない。弟に該当するのは義理の弟、孝安である。『魏志倭人伝』が伝える男弟とは孝安に他ならない。
孝安の宮は室秋津島宮(むろのあきつしまのみや)とされる。秋津嶋宮は卑弥呼の王宮なのである。室とは奈良県御所市の南郊外である。京奈和自動車道建設に伴う事前調査で、室(むろ)の場所から特異な建物遺構が出土した。私はこの遺構こそ卑弥呼の王宮の一部と考えている。


箸墓の被葬者

この卑弥呼系譜から興味深い事実が読み取れる。箸墓古墳の被葬者とされる倭途途日百襲媛(やまとととひひもしひめ)の系譜である。『勘注系図』は建諸隅命の妹に、大倭久邇阿禮姫命(おおやまとくにあれひめのみこと)という名を記す。倭途途日百襲媛の母親と思われる人物である。『古事記』の意富夜麻登玖邇阿禮比賣命(おおやまとくにあれひめのみこと)と同一人物と考える。
『日本書紀』では倭国香媛(やまとのくにかひめ)とされる人物で、またの名を蠅伊呂泥(はえいろね・はえ某姉)とする。七代孝霊の妃となって倭途途日百襲媛(やまとととひももそひめ)を生んだとされる。
『記紀』は蝿伊呂泥(はえいろね)と意富夜麻登玖邇阿禮比賣命、あるいは倭国香媛(やまとのくにかひめ)は同一人物とする。
しかし蝿伊呂泥が登場する楽家系図に、意富夜麻登玖邇阿禮比賣命という人物や、倭国香媛という名前は出てこない。また『勘注系図』には大倭久邇阿禮姫命と国香姫命の名を見るが、蝿伊呂泥や蝿伊呂杼は無い。共に孝霊の妃または皇后となった女性であるが別人と考えている。
http://kodai.sakura.ne.jp/kanntyuukeizu/4-4-ooyamatokuniarehime.htm
倭途途日百襲媛は、台与すなわち開化の妃とされる竹野媛と、従妹の関係にある。したがって箸墓は卑弥呼の墓でも台与の墓でもない。
posted by 曲学の徒 at 14:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 卑弥呼は宇那比姫
この記事へのコメント
やったあ!大久保氏は和邇氏なのですね。
大久保というと長安さんを始め鉱物関連での特殊能力は和邇氏由来の可能性が出てきます。

またモモソは卑弥呼寄りの個人的思考だと敵みたいに感じているのですけどトヨとはトヨを見えなく出来るいい切り札になってますね。この特殊能力は女系のみ継承と思っていますがモモソも持っていた可能性もあるのは家系図から認めざるを得ないのですね。

私埴安姫と埴安彦を夢のお告げで抹消した事が許せなかったのですけど本人がその血を持っていてそうしてしまったのをどう思うか?今聞いてみたいですね。箸墓にモモソに会いに行ってみようなぁ?ただ何かまだ腑に落ちないのがモモソの場所に相応しい姫が殺されてそこにモモソが入っていないか?私は埴安姫寄りなので同じ血のある巫女がそんな事に加担するのは認めたくないのでその架空の姫を探してみます。

本当に分かり安い説得力のある記事ありがとうございます。開化天皇のあたりの姫探ってみます。
Posted by りひと at 2017年05月11日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179670615
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック