2009年08月16日

孝安天皇陵を追う

延喜式に記される孝安陵

孝安天皇は大和朝廷の六代目の天皇とされる。
『日本書紀』は二代から九代までの天皇については、ほとんど系譜に関する記述のみで、事蹟を記さない。したがって欠史八代と称される。
今日の学説の主流は、欠史八代の天皇は実在しないとする。
もちろん私は実在したと考えている。

現在宮内庁が孝安天皇陵とするののは、玉手山の一番北の尾根である。そこには円墳が存在するとされるが詳しい事は解らない。
私は孝安天皇が玉手山に葬られたという『記紀』伝承は信じる。しかし現在宮内庁が孝安陵とする場所が、本当に孝安陵であるかどうかについては疑問を持っている。

十世紀に編纂された延喜式という書物がある。律令の施行細目を記す、いわば法典のような書物である。
そこに歴代の天皇陵の広さや、墓守の戸数を記す。
孝安天皇陵の広さを東西六町、南北六町とする。おおよそ650m×650mくらいとなる。これは玉手山全域の広さである。
現在孝安陵とされる尾根の大きさは250m×100mくらのもので玉手山の中でもほぼ独立した尾根である。もしこれが孝安陵なら、玉手山全域を墓域とする必要はなさそうである。

現在孝安天皇社という社(やしろ)が、天皇陵の隣接地に建てられている。
拝所は孝安陵に向かって拝す。すなわち北に向かって拝む。ところうが昔は玉手山の中央部、すなわち南に向かって拝んでいたという話を地元の人から聞いた。

『日本書紀』でも『古事記』でも孝安は玉手丘に葬ったとするだけで、玉手山のどこであるかは不明である。
孝安陵は玉手山のどこに在っても不思議はないのである。
私は玉手山のどこか別の場所に、本当の孝安陵があるのではないかと考えている。

posted by 曲学の徒 at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 孝安天皇陵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31344482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック