2010年02月18日

卑弥呼には夫も子もあった

卑弥呼には夫も子供もあった。
あなたはそんな話は信じないだろう。なぜなら『魏志倭人伝』は、卑弥呼について『年すでに長大、夫壻なし』とする。夫が無かったとするからである。
確かに240年、魏の使者が邪馬台国を訪れた時点では、夫はすでに無くなっていた。

だが卑弥呼に夫があったことを、裏付ける事実がある。
和邇氏(わにし)という古代有力豪族がある。和邇氏の系譜の中に、私が卑弥呼とする、宇那比姫が登場する。

和邇氏系譜は次のように記す。
『押媛命、母は建田背命の妹、宇那比媛命也』とするのである。押媛命とは五代孝昭の皇子、天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひと)の子供で、六代孝安の妃となった人である。
この押媛命の母親を宇那比媛とする。宇那比媛を建田勢命の妹とするから、尾張氏の宇那比姫で間違いない。

himkono.gif

宇那比姫には天足彦国押人命という夫があったのである。この天足彦国押人命は和邇氏の始祖とされる人である。

詳しくは下記のページを見てください
http://kodai.sakura.ne.jp/yamato/601-wanisi.htm

卑弥呼の子孫の墓から出土した鉄刀

その和邇氏の墓から、卑弥呼がもらったと思われる刀が出土している。
奈良県天理市に東大寺山古墳という、全長140mの前方後円墳がある。
この東大寺山古墳の発掘調査が1960年の初め、天理大学の金関恕(かなせきひろし)氏らによって行われた。

その発掘調査で、おびただしい量の鉄剣、鉄刀、槍先、鏃(やじり)、甲(よろい)などが出土した。その中の鉄刀の一つに、銘文が象嵌されていた。銘文は刀の背に金で象嵌されている。腐食が激しく一部読めない部分があるが、研究者によって次のように判読されている。

「中平□□五月丙午造作文刀百練清□ 上應星宿下辟□□」

おおよその意味は、「優れた刀で天の意にかない災いを避ける」というような意味である。

注目されるのはその「中平」という年号である「中平」とは、後漢の年号で184年から189年の事である。
中平年という184年から189年といえば、卑弥呼が邪馬台国の女王として、王位に就いた初めの頃である。したがってこの刀が卑弥呼の遣使に、贈られた可能は極めて高い。

この刀を発掘調査した金関恕氏は、次のように推理する。鉄刀に刻まれた銘文の字体は、後漢の官営工房の字体とは異なる。後漢の官営工房の字体は、様式化が進み、整った隷書体である。
この刀に刻まれた字体は稚拙ではないが、様式化が進んでいない。したがって銘文が刻まれたのは、後漢の官営工房以外の地ではないかと推理する。

そして私は次のように推理する。中国では二世紀後半になると、後漢の権威に陰りが見られるようになる。そのような状況の中で、189年遼東太守となった公孫度(こうそんたく)は、この地域の実質的な支配者となる。
このような大陸の政治状況に対応して、卑弥呼が公孫氏に朝貢し、公孫氏から、この刀を受け取ったのではないかと想像する。
また後漢の刀は数多く存在するが、年次を持つものは極めて少ない。知られている限り2、3振りとされる。誰から受け取ったかは定かではないが、年次から卑弥呼の遣使に贈られた刀であることはほぼ間違いなかろう。

ここで注目されるのは、この刀が東大寺山古墳という、和邇氏の墓から出土したことである。そしてこの和邇氏は、私が卑弥呼とする宇那比姫の夫、天足彦国押人を祖とする。
したがって東大寺山古墳に葬られた人物は、天足彦国押人の子孫で、それは宇那比姫の子孫でもある。
宇那比姫の子孫の墓から、卑弥呼が受け取ったと推測される刀が出土したことは、宇那比姫が卑弥呼であることの傍証ともなる。
またこのことが卑弥呼には和邇氏の祖とされる、天足彦国押人命という夫が在ったことを証明する。
posted by 曲学の徒 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 卑弥呼には夫も子もあった
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35384723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック