2010年08月04日

掖邪狗とは誰か

『魏志倭人伝』によると正始四年卑弥呼の遣使として魏に渡った掖邪狗と言う人物がいる。
またこの掖邪狗は、台与の遣使として再び魏に赴く。

掖邪狗とは誰かである。
「掖」は「いぇ」というような発音に近い。また「邪」は「ヤ」であろう。そして「狗」は彦である。
すると「イェヤヒコ」となるがどうもしっくりこない。
もし「掖」を「ワキ」と発音することが出来るなら「ワキヤヒコ」となる。これを「ワカヒコ」と考えれば「稚彦」である。
稚彦と呼ばれる人物がある。天足彦国押人命(あまたらしくにおしひとのみこと)と宇那比姫、すなわち卑弥呼の児で、名前を和邇日子押人命(わにひこおしひとのみこと)である。和邇日子押人命は稚押彦命(わかおしひこのみこと)とも呼ばれる。
掖邪狗が稚彦の音写なら稚押彦命である可能性が高い。

掖を「ワキ」と発音することが出来るか否か疑問は残るが、この人であれば卑弥呼すなわち宇那比姫の児である。倭国を代表して魏に使いした人物としても不思議は無い。
また世代的に、卑弥呼の晩年から台与の時代に大和王権の中枢で活躍し、台与擁立に至る戦いで、中心的役割を果した人物としてもおかしくない。そのように推測すると、とてつもない面白い遺跡がある。東大寺山をめぐる二重の空堀である。

和邇氏系譜によれば、この和邇日子押人命は和爾の里に居るとする。
現在の奈良県天理市和爾あたりである。

この近く東大寺山には、弥生後期の高地性遺跡がある。東西約400メートル、南北300メートルの範囲内に竪穴式住居があって、二重の空堀が巡る。奈良県では最大規模の高地性遺跡である。

『魏志倭人伝』は卑弥呼が没した後、男王が立ったが国中が服さず、戦乱に陥り千人を越える戦死者が出たと伝える。

どのような勢力同士による戦いか正確には解らないが、先の掖邪狗は卑弥呼の晩年から台与の時代に活躍した人物である。この戦乱の当事者の一人として関わっていた可能性は高い。

東大寺山二重空堀は台与擁立に至る戦いの遺構

東大寺山に築かれた、空堀はこの戦乱と関わることが予想される。

なぜなら和邇日子押人命は卑弥呼の児であり、擁立された台与は建諸隅命という従兄弟の児と言う関係にある。

wanihiko.gif

戦乱の当事者として深く関わっていたことは間違いない。
そしてこの和邇日子押人命が住んでいたのはこの東大寺山の裾、和爾の里である。
したがってこの東大寺山をめぐる二重の空堀はその戦乱の遺構では無いかと考える。



この遺構の年代が確定できれば立証できる

私は台与擁立に至った戦乱の年代を250年代の終わりと考える。なぜなら266年に西晋に朝貢した倭の女王は台与である。そして『梁書』と『通典』は『其後復立男王、並受中國爵命』と伝える。
この男王は台与すなわち竹野媛の夫、開化である。
十三歳で王位に就いた台与に、266年の時点では開化と言う夫があり、夫のある年齢に成っている。したがって王位に就いたのは266年より五〜六年は前であろう。戦乱の時期は250年代の末頃が推測される。

私はこの東大寺山の空堀や竪穴式住居が、この年代に一致すれば、この戦乱と関係する遺構であることが証明できると考える。

仮に掖邪狗が和邇日子押人命では無いとしても、和邇日子押人命が台与擁立の戦乱に関わったことは間違いなかろう。
posted by 曲学の徒 at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魏志倭人伝の登場人物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39974075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック