2010年11月04日

前方後円墳の成り立ち

前方後円墳という形は世界に類を見ない特異な形状である。
それはどのように成り立ったかである。
次のような一つの仮説がある。

周りの土を掘り取って中央部に盛り上げ円墳を築くのである。掘り取られた部分は周濠となる。
この周濠の一部は墳丘に至る通路として残す。この部分が前方部と成ったという仮説である。

hotategai.gif

前方部の短い帆立貝式と称される古墳ではこの仮説は成り立つ。

しかし前方後円墳成立の仮説としては決定的な矛盾を持つ。
その第一は前方部の先端が後円部の取り付き部より高く、通路としての機能を果たさない事である。

dannmenn-1.gif

第二は前方部の長さが周濠の幅よりはるかに長く、周濠が大きく前方部を取り巻くことである。墳丘に至る渡り提のような通路であれば、これだけ長く巨大化する必然性はない。

zennpoukouennfunn-heimenn.gif

したがって最初に示した仮説は、突出部の短い帆立貝式墳丘について当てはまっても、定型化する前方後円墳には当てはまらない。

次に提示するのが私の仮説である。

前方後円墳の形はこのように成り立った。

山塊から張り出した尾根上に土を盛って墳丘を築く。また尾根の先端は掘削し円弧状に整える。
尾根を山塊側で掘り切る。いわゆる丘尾切断と称される築造方法である。

zennpokouennfunn-dannmenn.gif

したがって前方部となる尾根の背は円丘部に向かって降る。定型化した前方後円墳の前方部は、この尾根の形状の残存と考える。
posted by 曲学の徒 at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前方後円墳の成り立ち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41593264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック