2010年11月04日

玉手山に前方後円墳の原形を見る。

下の図は私が玉手で古墳とする、No1、No2、N03の模式図である。
何れもよく似た形状を示す。

gennkei.gif

この段階では山塊と尾根が切り離されていないが、後に箸墓古墳のように平地に築造されると、円丘部分に尾根を模した前方部が取り付けられるのである。
定型化する前方後円墳では、前方部は山側から降る尾根の形状を模して、先端を高く円丘の取り付き部に向かって緩やかに降るのである。

私はこの墳丘に至る尾根こそが、後の前方後円墳の前方部分と考えている。定型化する前方後円墳の前方部分は、後円部に向かって低くなる。これは山側から山裾に向かって低くなる尾根の自然地形から派生した形である。

最初、私はいくつかの前方後円墳を踏査して、前方部は、後円部に至る通路と考えた。しかし通路なら、(A)の様に下から後円部に向かって、登るのが普通であろう。だが実際の前方後円墳は(B)の様に上から下に降る。
前方部を通路と考えた場合、この点が解決できない問題点であった。だが玉手山でNo1、No2、No3の尾根を見て、その疑問が解けた。(C)の様に山頂から張り出した尾根を切断すれば、通路は墳丘に向かって降るのである。
zennpoukouennfunn.gif

私はこの玉手山の古墳こそ前方後円墳の原形と考える。
posted by 曲学の徒 at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前方後円墳の成り立ち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41593371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック