2010年11月18日

邪馬台国の場所探しはなぜ混乱したか

 邪馬台国が何処か、長きに渡って議論されてきたが、現在に至るも決着を見ない。
なぜかくも混乱したかである。

理由は魏志倭人伝に記された地理像の不正確さにある。
魏志倭人伝に記された行程をそのままたどれば、邪馬台国は九州島のはるか南の海の中となる。あり得ない場所である。
このことは、この地理像がどれだけ不正確かを物語る。

最後の行程、陸行1月以外はすべて船

魏志倭人伝によると邪馬台国へは、狗邪韓國から、対馬と壱岐を経由して末盧国に至り次いで伊都国に至る。
朝鮮半島から対馬、壱岐を経由し壱岐の対岸にある松浦半島に上陸するのである。
問題は末盧国から伊都国への行程を陸行とすることである。
一般的に壱岐から九州島を目指せば、松浦半島の北端呼子あたりに上陸する事になる。
ここから伊都国すなわ現在の前原市あたりに、船で向かうのに何の問題もない。
その後、長い航海が続くことを考えれば、この区間を船を降りて陸行する理由は何もない。
この区間も水行、すなわち船である。その証拠がある。

魏志倭人伝は諸韓国や郡の使いが、伊都国にやってきた時「皆臨津」とする。「津」すなわち港にやってきている。当然船で来るのである。
また魏志倭人伝は経由国の官の名前を記す。ところうが末盧国についてのみ、その官を記さない。
それは末盧国の官が居る場所に寄っていないのである。末盧国の北端呼子あたりから、そのまま伊都国を目指している。

倭国を訪れた人が描いた地理像ではない

それでは魏志倭人伝は、なぜこのような誤りを犯しているのであろうか。
魏志倭人伝の情報源は、240年頃倭国を訪れた魏の使者による報告書あるいは紀行紀であろう。
その報告書または紀行紀を読んだ後代の人が、その地理像を描いているのである。
そのために相当見当違いの誤りを犯している。
たとえば末盧国の情景描写の中で「草木茂盛、行不見前人」とする。草木が覆い茂り、前を行く人が見えないとする。
これは寄港場所の情景描写であって行程の状況ではない。これを行程の様子と理解し「陸行」とした可能性がある。
実際に倭国を訪れた使節団の誰かが描いた行程や地理像なら、水行と陸行を誤って記す事はない。

更に次のような誤解を含む。
魏志倭人伝は邪馬台国へ至る区間の距離や日数を記す。千里、五百里、百里などきわめて切りの良い数字である。
末盧国と伊都国の間を五百里、伊都国と奴国の間を百里とする。末盧国
伊都国、奴国をどこに想定したとしても、海上からそれぞれを見通せる範囲である。現地に立てばおおよその距離は明瞭に認識できる。船ならそれぞれ一日あれば移動できる距離でもある。
末盧国と伊都国の距離を伊都国と奴国の5倍と認識するのは、いかにも信頼性の低い数字である。
また同様に日数にしても二十日、十日、一月と極めて切りの良い数字を並べる。もし実際にこの区間を旅した人物であれば、日数は正確に数える事が出きる。
これはもはやこの区間を旅した人の認識ではない。


大きな地図で見る


報告書の日付から推定した距離や日数

それではどのようにして距離や区間日数を推定したかである。考えられるのは報告書あるいは紀行紀の日付の記述から、距離や日数を推定したのである。
ところうがこれは大きな誤差を生む。なぜなら実際に移動した日数と、滞在した日数が解らなければ、区間距離の推定に大きな誤差を生じる。

具体的な例を挙げよう。
推古十六年、小野妹子(おののいもこ)が大唐(隋)から帰って来た。この時、大唐の使者裴世清(はいせいせい)が小野妹子と一緒にやって来る。筑紫に着いたのを夏四月とする。そして六月十五日客達は難波の港に泊まった。その後秋八月三日に都に入り、海石榴市(つばいち)で迎えられる。
さらに朝廷に参内するのはその月の十二日である。
もし日本の地理をまったく知らない人物が、この日付の記述から地理像を描いたとすれば、筑紫から難波まで約1ヶ月、難波から大和の都まで1ヵ月半と認識したとしても不思議はない。
実祭には難波から都まで二日もあれば十分である。朝廷側の迎えの準備が整うまで、難波に留め置かれたのである。

魏志倭人伝は投馬国と邪馬台国の間を、水行十日陸行一月とする。
九州説でも畿内説でもこの陸行一月の解釈に苦慮する。1ヶ月もかければ相当の距離を移動できる。
九州なら福岡から鹿児島まででも可能である。
ましてや大和の玄関口である難波の港からなら、奈良県の何処でも三、四日もあれば確実に到達できる。

したがって邪馬台国畿内説に立てば、この1ヶ月は、先の裴世清の日程で見たように、難波に留め置かれた期間を含むのである。
しかしそのような事情を知らない人物が、この日付の記事から地理像を描けば、難波から都までを1ヵ月と誤解する事もありえる。
魏志倭人伝の最後の行程、陸行1ヶ月は、このような誤解に基づく距離の推測である。

不正確な地理像では、邪馬台国の場所は確定できない

このように魏志倭人伝に描かれ邪馬台国への行程記事は、倭国を訪れた事のない人物が、報告書あるいは紀行紀を基に地理像を描いたのである。そのため極めて不正確な地理像となっている。
この不正確な地理像をたよりに、邪馬台国の場所を確定しようとしても、所詮無理な試みなのである。
これが邪馬台国の場所探しが混乱した理由である。
もうそろそろ、このような不正確な地理像に基づく立論の馬鹿らしさに、気付いても良さそうなものである。

私はまったく異なる観点から、邪馬台国の王都の場所を突き止めた。
それは系図の研究からである。系図の研究から卑弥呼を補佐した男弟が、六代孝安天皇であることを知った。
記紀によれば孝安の宮は秋津島宮であり、秋津島宮の伝承地は、現在の奈良県御所市室である。
邪馬台国の王都はここと考えている。
そしてそのことを立証するのが、秋津島宮伝承地から、北東1.5kmの玉手山に、卑弥呼の墓とおぼしき、径百余歩の円墳を見ることである。
またここ玉手山は、孝安が葬られたとする伝承の場所でもある。

この記事へのコメント
考安さんは祖父との縁を感じる方なのですけど、和邇の長男を差し置いて長女の婿が天皇になってないかなあと。卑弥呼と縁のありそうな祖母とは半ば無理やりで。うちの祖母知らない人と親戚だったので結婚させられたって言ってました。

それでおまけに孝霊さんは、兄妹婚のお母さん(長女)と和邇の長男の奥様でその息子でも純粋尾張氏。つまりそこから考安さんの実家が尾張になってしまう。また本来の尾張氏は和邇氏になり正統性を薄められてしまう。
まあ大事な時には出てくるのですけど。

父の家系は男性がやたら亡くなる家系ですので和邇さん系だとは思いますし、祖母の家系は実権女ですけどその上に男が君臨し人がいいのでちょっと騙されたりと。個人的な人間ウォッチですけど。

現実にも北朝鮮のお話も日本の歴史では結構ありがちで男が治めるのも正しいし、女が治めるのもありかとは思いますがそもそも本来の伝統があるはずです。自然にそういう風になるものなのかとも。邪馬台国は多分実権を持っていまでも活躍している女性たちの裏にいるでしょうし、天皇制も相当神事的なものに携わる事で自分たち男性の役割を自覚されているでしょう。今まで長く続いてきた理由もきちんと立場や身分や役割をわきまえていたはずです。

考安さんは個人的に好きなのですけど、知らない者が入ってくると常識から何から教育しないといけません。それを当時出来たか?が疑問です。消史にされないようその方がいた事で今の日本があるのも確かです。いざこざなんてなかったのでしょう。
卑弥呼の兄は正統で弟ではなく婿は間の卑弥呼を挟んで両国でその知識の違いにより分担して日本を守っていたのでしょうね。
額田大王っぽくも感じますね。鎌足と天智の間の。鎌足まではいいけど次世代に天武系?
糠田(こっちの字のがいっかな?)さんを通すと義理の兄弟に天武と天智が解釈されてもいいのかも?でも同母ではないです。

現在も過去の歴史の中でも数々同じようなしがらみが見えますけど裏で卑弥呼の家系が確実にいそうです。どうぞ卑弥呼をもっと理解出来る情報を出してあげてください。
すると男性たちは、自分の分と特技と役割をただお金や権力だけじゃなく分相応として戦ったり殺しあったりしないようになるはずです。これからの男の子も心配です。兄弟でも性格も全く違うなら同じ土俵に上げないで理解出来るような女性達の進化もしていかないと人類は破滅しそうです。
どうぞ日本での卑弥呼も意味合いをもっと深めてあげてください。
Posted by りひと at 2017年02月28日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41761786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック