2012年04月02日

卑弥呼の墓

 一歩は1.44mで径百余歩とは直径140m前後の円墳であろう。この写真の尾根の上に築かれた墳丘は直径22mくらいのものである。だが樹木が無ければ、尾根全体が墳丘に見えるはずである。これはまさに径百余歩の円墳である。

No1.jpg

尾根全体が墓域

 この尾根の300mくらい南に、直径20mの円墳がある。一見すると直径5mか6mくらいにしか見えない。だが盛り土の裾は尾根の中腹まで広がる。尾根の裾を意識して墳丘が築かれる。墳丘を築いた時には尾根の樹木はすべて切り払われていたはずである。尾根と墳丘は一体と見えるはずである。尾根全体が墓域である。私が卑弥呼の墓とする古墳も同様な構造を持つ。



玉手山という場所が重要

 この古墳の存在する場所が重要である。ここは六代孝安天皇が葬られたとする玉手山である。孝安は私が卑弥呼とする宇那比姫の義理の弟である。したがって卑弥呼の政治を補佐した男弟を孝安とする。卑弥呼もまた玉手山に葬られたとしても不思議は無い。

himiko-keifu-2.gif

木棺直葬石室は存在しない

『魏志倭人伝』は棺有るも槨無しとする。私が地中レーダー探査を行った範囲ではそこに石室のような物は確認できなかった。
画像は私が卑弥呼の墓とする墳丘の中心付近のレーダー画像である。
中央のグレーの縞模様は松の切り株による。石室らしきものは存在しない。木棺直葬であろう。

tannsa.JPG

この古墳は前方後円墳の原型

 山塊から張り出した尾根上に墳丘を築く。尾根は墳丘に至る墓道となる。したがって山塊側から墳丘に向かって緩やかに下る。
前方後円墳の前方部はこの尾根の形状を模したものである。平野部に造られる前方後円墳は山塊側の尾根を断ち切った形状である。初期の前方部がバチ状を呈するのはこの尾根の形状を残しているのである。

onesetudann.jpg


殉葬はあるのか。

 私は『魏志倭人伝』の記述は事実を伝えていると考える。したがって奴婢百人の殉葬が有ったと考える。
その場所がある。私が卑弥呼の墓とする尾根の付け根に相当する場所である。県の遺跡地図で16−B-513の番号が振られた15mの円墳とされる場所である。
一般的な円墳のような高さは無い。よほど注意して観察しなければ、単なる自然の起伏と見過ごすような形状である。
当初私はこのあたりを何度も通っている。しかしそこが古墳であるとは気づかなかった。県の遺跡地図を見て気になり、確認のために現地を踏査した。そしてここが奴婢百人が殉葬された場所と確信した。
さすがにこの場所に立ったとき、鬼気迫るものを感じざるを得なかった。

tamate-kofunn.jpg

箸墓は径百余歩ではない


 今日箸墓を卑弥呼の墓と主張する人は多い。しかし全長280mの大きさの古墳を、径百余歩と見誤ることはなかろう。しかも後円部と前方部には二つの高まりがあり、鍵穴型の平面形状は、決して径というような表現が当てはまる古墳ではない。
この私の箸墓卑弥呼説に対する反論に対し、箸墓を卑弥呼の墓と主張する人たちは、径百余歩とするのは後円部を指して言った大きさとする。しかし前方後円墳は平面プランを持って築造される。最初から前方部も築造が開始されるはずである。段築はそれを物語る。後円部のみが先に完成するなどと言うことはあり得ない。

これ以外径百余歩に該当する古墳は無い
 
 我が国で、今日知られている円墳で最大とされるのは、埼玉県行田市の丸墓山古墳である。直径105mとされる。
したがって径百余歩に該当しそうな古墳は、この玉手山の円墳を置いて他には存在しない。
私はこれを卑弥呼の墓と確信する一つの理由である。
posted by 曲学の徒 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 径百余歩、卑弥呼の墓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54773689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック