2013年03月16日

橿考研は方形区画施設の年代を誤っている

 秋津遺跡から出土した方形区画施設と称される堅固な塀がめぐる建物遺構の年代を、橿考研は多量に出土した布留式土器の年代から四世紀前半とする。
だがこの認識は誤りである。確かに数多く確認されている竪穴建物の年代は、布留式時代のものであろう。これは一般的な住居である。
一方、広大な塀が高床式の建物を取り囲む遺構の年代は、竪穴住居が存在していた時代との間に年代の差がある。

竪穴建物と高床式建物とは年代が異なる

その理由の一つは、図に示した方形区画施設6の内部に存在する建物の年代である。

houkeikukaku.gif

報告書の中で、塀は3、2、6の順序で、高床式建物を囲んで少なくとも3回建て替えられたとする。そしてその高床式建物を、2度に渡って建て替えられた竪穴式建物が切り崩す。したがって年代順は大型建物SB0029→竪穴建物SB0001b→竪穴建物SB0001aである。そしてこの竪穴式建物SB0001aの年代を布留古相または中相とする。
これだけ堅固な塀が取り囲んでいたのは、報告書が「高床式建物を囲んで」とするように、竪穴建物ではなく高床式建物なのである。
したがって、布留時代の竪穴式建物が切り崩す高床式建物の年代は、それより古く、しかもそれを取り囲む塀は、少なくとも3度は建て替えられている。
建て替えのサイクルをどのように見るかは難しいが、20年毎とすれば、最初の塀は布留時代の60年前ということになる。

更に図の竪穴住居1、2は方形区画施設1と3を切り崩す。

kirikuzusu.gif

重要な建物を取り壊して一般の住居が建てられるとは考え難い。竪穴住居がここに建てられるのは、方形区画施設が消滅して、相当時間が経過した後であろう。方形区画施設と竪穴建物の間には相当大きな時間差がある。


もう一つ重要な徴候がある。
小さな流路である溝が、方形区画施設の塀に沿って認められる。この溝跡の上に竪穴住居が出現する。

kukakumizo.jpg

住居を建てる場所として、水の流れるような湿潤な溝の上に住居を建てることは無い。
考えられるのは溝がその機能を失って、干上がり、埋まった後に、住居が建てられたと云うことである。
溝が存在していた時代と、竪穴住居が造られるようになる時代との間には、相当の年代差がある。

布留式以前の遺物が出土している

橿考研がこの方形区画施設の年代を三世紀前半に遡らないとするのは、庄内式の土器が出土しないからである。
だが庄内式土器が出土しないとしても、明らかに二世紀代から三世紀と思われ遺物が出土している。
それは多孔銅鏃である。

takoudouzoku.jpg

多孔銅鏃一点のみであれば、たまたま古い時代の遺物が何らかの理由によって、まぎれ込んだとも考えられる。しかしながら、この遺物の編年に詳しい研究者に出土遺物の写真を見せたところ、この多孔銅鏃と同時代の東海系の土器片が存在するとする。

063-1.jpg


ここは秋津島宮という王都である。

 秋津遺跡の竪穴建物の年代は布留の時代であっても、塀が取り囲む高床式建物の年代は二世紀末から三世紀前半の遺構である。
ここは六代孝安天皇室秋津島宮の伝承地である。秋津島宮の一部が出土しているのである。
東海系をはじめ瀬戸内海東部、西部、そして山陰あるいは中国地方から持ち込まれたと思われる土器の出土は、ここが王都で有った事を物語る。
A-6.jpg

A-7.jpg

A-2.jpg

六代孝安天皇の実在を信じない人たちには、この遺構の重要性を理解できない。宮山古墳を造った一族の居館あるいは祭祀建物などとしか想像が及ばないのである。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63756258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック