2014年04月19日

箸墓のモデルは卑弥呼の墓

 箸墓は定型化した最初の前方後円墳とされる。
前方後円墳の平面形は鍵穴のようなを形をする。円形に盛られた墳丘に方形または台形状の出っ張りが付く。埋葬の中心施設は、円丘部であることは明らかである。
問題は出っ張り部の役割である。当初私はこの出っ張りは墳丘に至る墓道と考えた。しかし常識的に考えて、平地に造られる墓道であれば平地から墳丘に向かって上るのが普通である。ところうがすべての前方後円墳で、出っ張り部の先端から墳丘に向かって下るのである。しかも出っ張り部の先端は急斜面でここを上るのは極めて難しい。墳丘に至る墓道とするには何とも不可解な形状なのである。

私が卑弥呼の墓とする玉手山の尾根をたどることによってこの謎が解けた。
玉手山の古墳は山塊から南西に延びた尾根の上に墳丘を盛り上げる。山塊側から墳丘に向かって尾根は緩やかに下る。前方後円墳の前方部はこの尾根を模したものである。箸墓は平地に造られることによって、山塊側の尾根を切断した形なのである。

zennpoukouennfunn.gif

箸墓はこの玉手山の卑弥呼の墓をモデルにして築造されたのである。そのため前方部は先端に向かってバチ形に開く。これは尾根が山塊側に向かって広がることによる。
箸墓が築造されたのは270年代の終わり頃であろう。この時代であれば径百余歩の卑弥呼の墓がどのようなものであるかよく知られていたはずである。したがって箸墓の後円部はほぼその大きさに築造されたのである。箸墓は卑弥呼の墓を模したものであり、以降この形が大和朝廷の墓として造り続けられれて行くのである。

 箸墓で吉備(現在の岡山県)で作られたと推測される、円筒埴輪(特殊器台)が確認されている。
倭途途日百襲媛の弟に、彦五十狭芹彦(ひこいさせりひこ)という人物がある。彦五十狭芹彦は吉備に赴き、この地方の支配に当たった人物である。彦五十狭芹彦は姉の墓の築造に際し、吉備の円筒埴輪を運び、箸墓を荘重に飾ったとすれば、円筒埴輪が出土する理由を説明できる。

 また『日本書紀』には箸墓築造の歌が記される。その中に奈良県と大阪府の境に位置する、大坂山の石を運ぶ記述がある。石室を作るために、纏向の近辺では調達できない平たい石を運んだのである。発掘してみなければ確実なことは解らないが、箸墓には大坂山の扁平な石で作った石室が存在すると考える。
この点からも箸墓は卑弥呼の墓ではない。『魏志倭人伝』は墓の構造について「棺ありて槨なし」とする。石室のような、棺を収める構造物は存在しないとする。この記述が卑弥呼の墓についてかは断定しかねるが、石室を持つ箸墓を卑弥呼の墓とするにはこの記述と矛盾する。私が卑弥呼の墓とする玉手山の古墳では、地中レーダー探査を行ったが石室の存在は無かった。
posted by 曲学の徒 at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 卑弥呼は宇那比姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93435599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック